薄毛を引き起こす原因には様々なものがあります。頭皮の毛穴に皮脂や汗、ゴミやフケなどが詰まり、毛根が酸素を充分に吸収できなくなってしまうケースもあるでしょう。そして睡眠不足や過労、ストレス、食生活の偏り、アルコールやニコチンの過剰な摂取などといった生活習慣に基づく問題点の数々がホルモンバランスを急激に変化させて皮脂の分泌を増加させることもあります。さらにこれらの生活習慣が頭皮付近に流れる毛細血管の流れを悪化させて毛根が栄養分をきちんと吸収できない状態にしてしまう場合もあります。そして中には男性型脱毛症、すなわちAGAによって男性ホルモンが過剰に働くことで頭髪の成長サイクルを大きく乱してしまうことも認められます。

こういった問題点に対処すべく、皮膚科や美容外科、その他の薄毛治療の専門クリニックではそれぞれの案件に適した薄毛治療薬を処方することで改善への道筋を照らし出しています。中でも最も有名な薬といえば、ミノキシジルと呼ばれる成分を含むつけ薬でしょう。これは薄毛症状のある頭皮につけることによって毛細血管が拡張される効能を持ち、その結果、頭髪が成長するために必要な栄養分を血液を介して過不足なく補充することができるようになります。

この薄毛治療薬のつけ方としては、夜、入浴した時に髪をしっかりと洗った上で使用することが求められます。まずは頭頭髪をよく乾かしたあと、頭皮の毛穴の汚れを落とした上でしっかりと浸透させる状況を作り上げるのが大切なことと言えるでしょう。さらなるつけ方のポイントとしてはじっくりと浸透して広がっていくように頭皮を丁寧にマッサージしていくことも大切です。

またつけ方としては夜に使用した後に出来るだけすぐ就寝し、それから8時間ほど時間を空けた朝にもういちど付けると効果的です。この時には出勤前に整髪料を使用する前の段階でつけることが重要です。